歯科医を影で支えます

歯科

歯科技工士は歯科技工士養成機関で学び、国家試験に合格して得ることができる医療専門資格です。歯科補綴物を高い技術や知識を通して製作し、歯科医院を通じて患者さんに納品することが仕事です。高い技術で将来性もあり、開業独立することもできます。

Read more...

医学を学ぶ

男の人

医療系の職業に従事したいのであれば大学の医学部を目指すのが普通であると言われてきましたが、医療系専門学校へ進学する方法もあります。学校によって対応している科目が違う可能性もありますので、事前に情報を集めて後悔の無い選択をしましょう。

Read more...

資格を取るなら

勉強

資格を取りたいと考えている人におすすめの通信講座がキャリアカレッジジャパンです。キャリアカレッジジャパンは全てで70もの講座を受けることができ、全額返金保証など口座を受ける人の不安を取り除くサポートも充実しています。

Read more...

リハビリの専門職のすすめ

専門的な知識を身につける

男性女性

理学療法士を目指すには国家試験の受験資格を持つことが必須となります。受験資格を持つには、国が指定する大学や専門学校に入学して学ぶ必要があります。大学はもともと研究機関であるのに対して、理学療法士の専門学校はその道のスペシャリストを育てるという目的で作られているので、大学と比べより専門的な知識や技術を学ぶことができます。理学療法士の専門学校を選ぶときもいくつか意識しておきたいポイントがあります。1つめは、理学療法士の専門学校の近くに病院が併設されていることです。病院が近いので見学や現場実習が行いやすいというメリットがあります。2つめは専門学校の教師の専門分野を知っておくことです。自分が目指す分野の先生がいることで、より理想の理学療法士に近づくことができます。

4年制がおすすめ

理学療法士の専門学校は学科によって3年制と4年制があります。3年制は卒業時に専門士という称号がもらえるのに比べ、4年制は高度専門士という称号が与えられます。この高度専門士という称号は、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められたという意味を持ち、高度な専門技術と知識をもっている証明になり就職時に有利になります。国公立病院や県立・市立病院への就職を考えている人にはとっておいて損がない称号です。また、4年制は3年制と比べじっくり自分が納得いくまで学ぶことができ、現場実習の時間が長くとれるのも特徴です。実習で疑問に思ったことを学校でじっくり学ぶことができるので、実力をつけて卒業後に現場にでることができます。